• UPDATE

糸島は食の宝庫!名物を一気に堪能できる糸島グルメ大感謝祭

あなたもWork Connectionに登場しませんか?

事業への思いと自分史を多くの人に伝えることで、求人効果やPR、企業ブランディング等につながります。詳しくは、こちらからお問合せください。


 

糸島市は、食べ物が美味しいことでも知られています。また福岡市から車で40分前後で行ける観光の名所としても知られています。例えば糸島食堂は、長浜市場直送の鮮魚の海鮮丼で人気です。また新鮮で美味しい牡蠣が食べれる牡蠣小屋もあります。

そんな糸島市では、2月に地元の美味しいグルメが集結する一大イベントが開催されます。糸島明太子や糸島豚のロースハム、干物やパンやスイーツなどが大特価で販売されます。ご家族で楽しめること間違いありません。

本記事では、糸島の魅力や「糸島グルメ大感謝祭」をご紹介します。

 

1. 糸島ってどんなとこ?

糸島初音旅館の地引網

毎年6月から11月中旬まで観光地引網が体験できる糸島の初音旅館(※徒然なる日々より)

まず最初に、糸島の魅力について解説します。

1-1. 日本の渚百選に選ばれている桜井二見ヶ浦

夕日の二見ヶ浦

縁結びや夫婦円満の神様が宿る桜井二見ヶ浦の夕日の景色


 

糸島は、福岡県の西部の糸島半島に位置しています。その北側には美しい海岸線が広がり、夕日が沈む風景は息を飲むほどの美しさです。海の中に佇む夫婦岩と海中大鳥居は、圧倒的な存在感を感じさせます。

今や桜井二見ヶ浦は糸島の象徴で、連日多くの人々が訪れる観光スポットです。アクセスは、博多・天神から高速バスウエストコーストライナーで「二見ヶ浦」バズ停下車で徒歩1分ほどです。

1-2. 海鮮丼が超人気の糸島食堂

糸島食堂

甘い脂が最高に美味しいと評判の糸島食堂の「カマトロ丼」(2600円)(※食べログ tunununさんより)


 

糸島にある糸島食堂本店は、11時開店の超人気店!11時半には、長蛇の列ができることもしばしばです。ここは海鮮丼が有名で、海鮮丼(2300円)、特上海鮮丼(3500円)、海鮮ちらし丼(1900円)などがあります。また一品料理には、活き車海老の踊り喰い(1800円)やカキフライ(600円)などもあります。

その美味しさの秘密は、長浜市場直送の新鮮な魚介を使用していることです。例えば「活き車海老の踊り喰い」と「アワビ」は、本店限定のおススメメニューです。テイクアウトも可能なので、海のそばでピクニック気分で楽しめます。

糸島食堂 本店
・住所/福岡県糸島市神在西2-24-27
・営業時間/11:00-17:00 L.O.16:00
・交通手段/JR筑肥線 加布里駅 出口1 徒歩7分
・その他/カード可、電子マネー可、QRコード決済可
・お問合せ/050-5600-2226

1-3. 地元漁師による糸島牡蠣小屋

糸島牡蠣小屋

現役の漁師さんや漁業組合が秋から春先に期間限定で営業する糸島の牡蠣小屋


 

糸島牡蠣小屋

家族で楽しめる糸島の牡蠣小屋(※西日本新聞より)

地元の方だけでなく、国内外からの旅行者にも人気なのが、糸島の牡蠣小屋です。糸島の牡蠣は、芳醇でミルキーな甘さが大きな魅力です。牡蠣小屋ごとにサービスや雰囲気が異なり、自分のお気に入りを探すのも楽しさのポイントです。

この牡蠣小屋は、秋から春先にかけて地元の漁師さんや漁業組合が期間限定で運営します。新鮮な牡蠣を、炭火やガス火を使って自分で焼いて食べます。2023年10月7日から、計50軒前後の牡蠣小屋が順次オープンします。牡蠣小屋に行く時は、重ね着がおススメです。炭火やガスコンロの前では、汗ばむほど。牡蠣好きな方は、ぜひ!

1-4. 糸島の人気カフェ

美味しい海の恵みを頂いた後は、カフェでゆったりしたいもの。ここでは、糸島の人気カフェをご紹介します。

1-4-1. 糸島ファームハウスUOVO

糸島ファームハウスUOVO

オシャレが外観が特徴(※食べログ lulu913さんより)

糸島の清らかな水と澄んだ空気、太陽の恵みと大地が育てた美味しいものを、糸島ファームハウスUOVOは提供しています。卵の可愛いデザインの外観が目印で、オシャレなカフェという雰囲気です。

卵料理屋さんとして有名で、ご飯膳は卵が食べ放題になります。ランチボックスもあり、晴れの日は外の青空イートインスペースで食べると気持ち良いです。イートインスペースは人工芝で綺麗に整備されており、テーブルとイスもたくさんあります。

それ以外にもドリンク、ソフトクリームやプリンなどもあります。珍しいのはエッグコーヒーがあり、卵で作ったプリンが上に乗っています。キャラメルマキアートの味に近く、美味しいです。ペットと一緒に来ている方も多いです。

1-4-2. ロンドンバスカフェ

糸島ロンドンバスカフェ

海を見ながらジェラートを食べれる糸島のロンドンカフェ(※食べログ 大阪めんまさんより)

実際のロンドンバスを使用したユニークな店舗が、このロンドンバスカフェです。このバスは、1950年に生産されたイギリスのバスです。場所は、福岡県糸島市の志摩サンセットロード沿いにあります。

ロンドンバスカフェでは、2階席で海を眺めながら、ホットドッグやジェラートを楽しめます。ジェラートは10種類前後あり、シングルは500円、ダブルは550円です。

利用方法は、まずバスの隣の店舗で注文と会計、商品の受け取りを済ませます。その後にバスに移動します。

1-4-3. Sumi Cafe

スミカフェ

スミカフェ名物の塩をかけて食べるプリン(※食べログ 全国のラーメンを食べ歩くさんより)

塩をかけて食べる美味しいプリンが人気なのが、このSumi Cafe(スミカフェ)です。プリンに塩をかけて食べるのはかなり斬新です。プリンの味は濃厚で、たまご感が強いです。これに生クリームとクッキーを合わせて食べると天国です(笑)。

また塩豚のハンバーガーは、ボリュームたっぷりでジューシー!糸島の二丈町にあるスミカフェは、「またいたの塩」で有名な新三郎商店が運営されています。お店は古民家風で、築120年のお屋敷を改装した建物です。二階にはソファ席があり、子ども向けのおもちゃなどの雑貨も置いています。ブランド塩のお店が併設されています。

1-5. ヤシの木ブランコ

糸島ブランコ

糸島の人気フォトスポット「ヤシの木ブランコ」


 

糸島のブランコスポットで有名なのが、このヤシの木ブランコです。活魚茶屋ざうお本店の敷地内にあります。目の前に美しい海が広がる砂浜に、ヤシの木が2本が立ち、ブランコがかけられています。真っ青な海に向かってブランコを漕ぐ姿は、インスタ映えするので若者にとても人気があります。

 

2. 糸島グルメ大感謝祭の概要

糸島 食品事業者

普段はなかなか会えない糸島の食品事業者が大集合!


 

食の恵み溢れる糸島に食品加工業者が集まり、直売するのが糸島グルメ大感謝祭です。例えば糸島の郷土料理「そうめんちり」や、新商品「糸島鯛だしねぎ油ラーメン」お披露目会も!

食べて満足、買って満足!ご家族で楽しめること間違いありません。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

2-1. イベント概要

<概要>
① 開催期間/2024年2月10日(土)
② 開催時間/10時~15時
③ 開催場所/福岡県糸島市志摩初1 志摩中央公園
④ 主催情報/糸島グルメ大感謝祭実行委員会(糸島食品産業クラスター協議会内)
⑤参加費/【入場】無料
⑥ アクセス/車でお越しの場合:前原ICから約10分(駐車場完備)
最寄り駅:JR筑肥線 筑前前原駅よりバスで11分
⑦ 公式サイト/糸島グルメ大感謝祭

2-2. 会場の詳細

車でお越しの場合:前原ICから約10分(駐車場完備)
最寄り駅:JR筑肥線 筑前前原駅
筑前前原駅よりバスで11分

2-3. 事前準備について

美味しいものばかりですので、お腹は空かせて来てください!
屋外行事につき、防寒具はお忘れなく。
雨天決行です。雨の場合は雨具のご準備をお願いします。

 

3. こんな方におススメ

老若男女が楽しめます。
美味しいものが食べたい方、糸島の自然に癒されたい方はぜひ。
大盛り上がり間違い無しの大イベントですので、楽しいことやイベントが好きな方にもお勧めです!

<Work Connection 編集部>
伊都流 代表 安丸仁史(やすまるひとし)
福岡生まれ福岡育ち、のぼせとーやつは大体友達。西南学院大学 文学部外国語学科を卒業後、陸上自衛隊幹部を経て、現在はイベント企画事業などを行う。(一社)糸島青年会議所にて地域課題に取り組むとともに、筑前高校同窓会運営や地域行事を通して、青少年育成にも関与。
大のお祭り男を自負しており、数々の伝統行事やイベントに参加している。

 

◆求人効果も!貴社も起業家インタビューに参加されませんか

あなたの自分史を、Work Connection(ワークコネクション)に掲載しませんか?通常の求人広告とは異なり、起業のキッカケや子育ての両立の姿を伝えることで読者に深くアピールできます。また従来にはないブランディング、求人効果が見込めます。お問い合わせは、こちらまでお願いします。