• UPDATE

データ入力のバイトを在宅でやるには?収入アップの方法も解説!

あなたもWork Connectionに登場しませんか?

事業への思いと自分史を多くの人に伝えることで、求人効果やPR、企業ブランディング等につながります。詳しくは、こちらからお問合せください。


 

データ入力のバイトは、PCを使って文字や文章を入力するお仕事です。パソコンされあれば誰でもでき、特別なスキルも必要ありません。在宅ワークの初心者には、ピッタリのお仕事です。

ただ一方で、「データ入力のバイトはキツイくて大変」という声もあります。そういった評判を聞いて、不安を感じる方もいるかも知れません。

本記事では、在宅でやるデータ入力のバイトの仕事内容だけでなく、メリットやデメリットも解説します。またそれだけでなく、そこから収入の幅を広げていく方法もご紹介します。在宅ワーク初心者の方には、必見の内容です!

 

1. データ入力のバイトについて

データ入力 バイト

パソコンさえあれば誰でもできるデータ入力のバイト

1-1. データ入力のバイトとは

週2ペースで月5万円から7万円ほど稼げるのが、データ入力のバイトです。例えば本業並みに在宅データ入力に集中すれば、月20万円以上稼ぐことも可能です。

実際の仕事の中身は、クライアントの指示に従い、指定の項目の情報を入力していきます。よく使われるツールには、表計算ソフトのエクセルやブラウザ上で表計算ができるGoogleスプレッドシートがあります。

1-2. 一番求められるのはデータの正確性

このお仕事で一番重要なのは、入力するデータの正確性です。例えば名詞情報の入力の場合、メールアドレスの入力を間違うとメールDMは届きません。またアンケートのデータ入力で入力を間違えると、集計数字が変わってしまいます。このようまミスを防ぐため、何度もデータチェックすることが大切です。

初めて取り組まれる場合、最初はマニュアルに沿って作業を行うことが多いです。またわからない部分などは、担当者とチャット等ですり合わせを行います。そのため最初は多少時間はかかってしまいますが、案件をこなしていくとコツを覚え、効率は上がっていきます。作業スピードはやればやるほど、上がっていきます。

 

2. データ入力のバイトの仕事内容

データ入力 バイト 仕事内容

名詞情報からアンケート情報の集計まで、データ入力の幅は広い

ここでは、実際の仕事の中身について詳しく解説していきます。

2-1. データ入力のみの業務

原本のデータを正確に指定のフォーマットに入力していきます。一般的な「データ入力」の仕事のイメージに近いのが、このパターンではないでしょうか。ほとんどが個人作業ですので、人間関係のストレスもなく、スキマ時間を有効に使えます。原本となるデータはPDFや手書きのものが多く、集中して細かな作業をするのが得意な方に向いています。

2-1-1. 名詞・名簿情報の入力

オフィスに貯まった名刺や、営業や展示会で交換した名刺を電子化するために行われます。例えば、会社名や名前、住所、電話番号やメールアドレス等の項目を入力していきます。声を出しながら入力すると、目だけでなく耳でも二重でチェックができるので、正確性がアップできます。

データ入力で間違えやすいのは、個人の名字や名前です。代表的な名字例として、「菊池と菊地」や「渡部と渡辺」、「斉藤と斎藤」などがあります。また名前でも「一郎と一朗」や「恵と惠」、「真由美と眞由美」等があります。会社名がカタカナ表記の場合、無変換キーが役立ちます。音声入力機能を駆使する方法もおススメです。

2-1-2. 手書き伝票の入力

世の中の店舗には、数多くの種類の伝票があります。一般的には電子化の流れが推進されてはいるものの、まだまだ手書きで対応しているお店も多数あります。例えば飲食店の場合だと、仕入れ伝票や入出金伝票などがあります。こういった伝票をデータ入力することで電子化でき、すぐに検索できたり、保管スペースを節約できるようになります。画像から活字を読み取るOCRを活用することもあります。

2-1-3. アンケート情報の集計

アンケート情報は、貴重なマーケティングの基礎情報です。データ入力することで、集計や表・グラフの作成ができるようになります。その結果、その内容を営業活動に活用したり、自由記述欄のコメントをコンテンツ化したりできます。作業としては、クライアントの指定のエクセルに数字や回答を打ち込んでいきます。

2-1-4. セミナーや講演会、インタビューの文字起こし

セミナーや講演会、インタビューや会議などの音声データや動画データなどを、文字に起こす作業です。「テープ起こし」ともいいます。近年文字起こしアプリの精度が飛躍的に向上しています。例えばMicrosoftの「Group Transcribe」は、会話の文字起こしと翻訳が無料でできます。文字起こしの場合は専門用語が入ることが多く、文字校正と同時に文脈上の用語の表記を十分注意する必要があります。

2-2. コールセンターでのデータ入力業務

この場合は、オペレーターとして電話対応しながら、データ入力を行います。入力情報には、「注文内容」や「お問い合わせ内容」、「顧客情報」などがあります。初めての方は「自分はちゃんと電話対応できるかな?」と不安になる方も多いかも知れません。しかし多くの企業では、マニュアルや研修が用意されています。そのため未経験の方でもチャレンジできます。

2-3. 事務職としてのデータ入力業務

事務職の業務の一部として、データ入力の作業をすることがあります。この場合、求人情報の業務の説明部分に「データ入力等の一般事務」と表記されることが多いようです。 電話対応やメール対応、書類作成などの業務の一環として、データ入力も行うスタイルです。

 

3. データ入力のバイトに向いている人とは

データ入力 バイト

データ入力のバイトでは、集中力と正確性が求められる

在宅ワークの第一歩として取り組みやすいデータ入力のバイトですが、どんな方が向いているのでしょうか。ここでは、その適正について解説します。

3-1. 根気良くコツコツ作業が好きな方

データ入力のバイトで求められるのは、正確性と作業量です。そのためには、「集中力」と「根気」、「持続力」が必要になります。例えば手書きの伝票やPDFデータ、音声ファイルなどの内容を正確に入力するためには、集中して作業し、ダブルチェックが必須です。最初は辛いと感じる時もあるかも知れませんが、コツを掴むと慣れてきます。そして何よりも、作業量に比例して収入が増えるのでヤリガイがあります。

3-2. 個人での作業が好きな方

世の中の仕事の多くは、他人と連携しながら業務を進めます。しかし仕事における人間関係が、ストレスになる方も多くいます。その点でデータ入力のバイトは、独立した個人作業です。業務導入時は担当者とのやり取りがあるかも知れませんが、基本的に人間関係のストレスはありません。そういう意味では、個人での作業が好きな方に向いているお仕事といえます。

3-3. パソコン作業が得意な方

データ入力は、誰でもできるお仕事です。ただパソコン操作は得意な方が、ストレスなく取り組みやすい側面があります。例えば案件によっては、エクセル関数を使用したり、パワーポイントで資料を作成するケースもあります。初めての方の場合は、自分ができる範囲で処理できるデータ入力案件に応募しましょう。そして収入を得ながらタイピングスピードを速めていき、エクセルへの入力等のコツを覚えていきましょう。

 

4. データ入力から始めて収入を増やしていく方法とは

データ入力 バイト

実績をDMに盛り込んで複数のアウトソーシングサイトでアプローチすることで、案件の受注率が高まる

在宅ワークには、様々なバイトがあります。未経験の方はデータ入力から始めて実績を作り、複数のアウトソーシングサイトでどんどんDMを送りましょう。作業してくれる人材を求めているクライアント様は、経験と実績に基づくスキル人材を常に求めています。

4-1. まずは簡単なデータ入力案件で実績を作りましょう

データ入力のバイトは、名刺や名簿情報の入力から講演などの音声データの文字起こしまで様々です。特に未経験の方は、まずは自分ができる簡単なデータ入力に多数応募しましょう。そして実績を作ることに注力しましょう。この段階では文字単価が安いことは受け入れ、案件をこなすことが大切です。

4-2. 収入を得ながらスキルアップしていきましょう

エクセルやGoogleスプレッドシートといったツールへのデータ入力作業にどんどん慣れましょう。例えばタイピングのスピードが上がり、シフトキー操作が慣れてくると、効率も上がってきます。こなせる作業量が増えると収入も増えます。そうなれば、お仕事が楽しくなってきます。

4-3. 自分のDMを作成し複数の案件に応募しましょう

自分のプロフィールを作成しましょう。そして過去のデータ入力実績を盛り込むことで、クライアントの注目度は大きく変わってきます。「この人は過去に似たな案件をこなしているから安心できる」と思ってもらえるのです。またこのプロフィールを複数のアウトソーシングサイトで、案件にDMしましょう。そうすることで、受注できる確度がアップします。

4-4. ちょっと高度なデータ入力案件に取り組みましょう

過去のデータ入力案件の実績をアピールし、次のステップに進みましょう。具体的には、より高度なデータ入力案件に応募し受注しましょう。そうすることで、報酬単価が上がるだけでなく、業務を通じてご自身のスキルを向上させることもできます。

4-5. 高単価な案件を狙ってより収入を上げましょう

この段階になると、データ入力バイトの実績もかなり多くなってきます。また案件の種類も増えてきます。例えば高単価の案件例としては、講演の音声データの文字起こしがあります。これは1本8,000~10,000円もらえることもあり、案件数も多数あります。ただし、専門用語が出てきたり、前後の文脈のつながり等、整合性を持たせるスキルも求められます。ただし、こういったハイレベルな案件にチャレンジしていくことで、スキルと経験値が広がるメリットがあります。

 

5. まとめ

データ入力のバイトを在宅でするには、まずは自分でできるものをアウトソーシングサイトで見つけましょう。それには、クラウドワークスやランサーズ、ココナラ、シュフティ、ジモティがおススメです。

そしてまずは受注し、実績を作りましょう。この段階では数をこなすことで、収入を得ながらスキルアップも図れます。そして実績をプロフィールに盛り込んで、アウトソーシングサイトで募集されている求人にDMしましょう。

あとはどんどん幅を広げていくことで、スキルと経験値が広がり、収入も増やしていくことができます。本サイトでは在宅ワークに関して、別記事で詳しく解説しています。『在宅ワークとは?初心者の主婦の方向けに求人職種や流れを解説!』もぜひ参考にして下さい。

 

◆求人効果も!貴社も起業家インタビューに参加されませんか

あなたの自分史を、Work Connection(ワークコネクション)に掲載しませんか?通常の求人広告とは異なり、起業のキッカケや子育ての両立の姿を伝えることで読者に深くアピールできます。また従来にはないブランディング、求人効果が見込めます。お問い合わせは、こちらまでお願いします。