• UPDATE

太宰府天満宮の花菖蒲と紫陽花は必見!【5月下旬~6月中旬】

太宰府天満宮は、学問の神様菅原道真公の御墓所の上に築かれています。その歴史は古く、1,100年以上にわって敬愛されています。御祭神である菅原道真公は、学問で朝廷に仕える家系に誕生されました。5歳で和歌を、11歳で漢詩を詠まれたというエピソードが残っています。

そんな大宰府天満宮の境内では、5月下旬から色とりどりの花菖蒲が咲き揃います。例えば東神苑の菖蒲池と心字池周辺で、約55種3万本が咲き誇ります。白、うす紫、紫といった花々が一斉に開花し、水面に映る光景は壮観です。本記事では、そんな大宰府天満宮の歴史や花菖蒲、食べ歩きなどの魅力をたっぷりお伝えします!

 

1. 大宰府天満宮について

大宰府天満宮

福岡県太宰府市に位置する大宰府天満宮。学問の神様菅原道真を祭神として祀る天満宮の一つ

まず最初に、大宰府天満宮について解説します。

1-1. 大宰府天満宮の歴史

大宰府天満宮

昌奏4年(901年)、右大臣だった菅原道真は左大臣藤原時平の陰謀によって、筑前国の大宰府に左遷されました。そして903年に死去しました。その後に疫病が流行って時平は39歳で死去し、これらの出来事は「道真の祟り」と恐れられました。その御霊を鎮めるために919年に竣工されたのが、安楽寺天満宮の創祀です。

明治以降、新政府の神仏分離が開始されました。明治4年(1871年)には国弊小社に列格し、神社名が大宰府神社に変更されました。そして戦後の昭和22年(1947年)、社号は大宰府天満宮に戻されました。

1-2. 文化の神様でもある菅原道真

菅原道真

菅原道真(すがわらのみちざね)は、平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家です。宇多天皇に重用され、寛平の治を支えた一人です。小さい頃から詩歌に非凡な才能を見せ、11歳で初めて漢詩を詠んだといわれています。そして貞観4年(862年)に、18歳で文章生になりました。その後順調に出世し、元慶4年(880年)の父が没した後は、祖父菅原清公以来の私塾菅家廊下を主宰しました。この頃の菅原道真は、朝廷内の文人社会の中心人物でした。ところがその後藤原時平により大宰府に左遷され、現地で死去しました。その後天満天神として信仰の対象になりました。現代では、学問の神様として親しまれています。

 

2. 大宰府天満宮の花菖蒲について

大宰府天満宮 花菖蒲

東神苑の菖蒲池と心字池周辺に咲き乱れる花菖蒲

2-1. イベントの概要

<概要>
①開催期間/2024年5月下旬~6月中旬 
      ライトアップ:5月下旬~6月2週目の金土日 19:30~21:00
②営業時間/6時30分~19時(春分の日~秋分の日前日は6時~、6~8月は~19時30分、12~3月は~18時30分)
③開催場所/福岡県太宰府市宰府4-7-1 
④主催情報/太宰府天満宮
⑤料金/境内自由
⑥アクセス/西鉄「太宰府駅」から徒歩5分
⑦公式サイト/太宰府天満宮

2-2. イベントのポイント

大宰府天満宮 花菖蒲ライトアップ

ライトアップされた大宰府天満宮の花菖蒲(※夜の太宰府天満宮の菖蒲園より)

4月下旬~5月下旬は、境内の樟が一斉に若葉をつけ生命力あふれる季節です。同時に5月下旬ごろからは、花菖蒲やあじさいなどの季節の花々で覆われ、境内を歩くだけですがすがしい気分になれます。

2-2-1. プログラムの内容

5月下旬~6月2週目の金土日は、境内のライトアップも楽しめます。また光に照らされた瑞々しい花をみられるのは、この季節ならではの醍醐味です!時間は19:30~21:00です。いつもと違う夜の太宰府天満宮の絶景を、楽しんでみてはいかがでしょうか。

大宰府天満宮 花菖蒲

ライトアップされた大宰府天満宮の花菖蒲(※太宰府天満 菖蒲池 ライトアップより)

2-2-2. 会場の詳細について

<車でお越しの場合>
・九州自動車道 「太宰府IC」から約15分(約6km)
・九州自動車道 「筑紫野IC」から約20分(約6km)
・福岡都市高速道路 「水城IC」から約15分(約6km)

<電車でお越しの場合>
・西鉄太宰府線「太宰府駅」下車徒歩5分

2-2-3. 事前準備について

雨の日のお出かけは、歩きやすい靴や雨具をお忘れなく!

 

3. こんな方におススメ!

大宰府天満宮 花菖蒲

美しく咲き誇る大宰府天満宮の花菖蒲(※太宰府天満宮・花菖蒲より)

大宰府天満宮の花菖蒲は、老若男女が楽しめます。天神から電車で30分程なので、交通の便も良いですね!

参道周辺にも食べ歩きスポットが充実しており、お参り以外にも楽しめるスポットがたくさんなのもうれしいポイント!梅雨の風情をを感じに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼他のイベント情報もチェック!